icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

こどもの本屋さんにいこう!

第3回

子どもの本専門店 エルマー(福岡・春日)

多くの児童書専門店がある九州地方のなかでも、根強いファンの多い「エルマー」。店主の前園敦子さんは、初めての子育てに苦労していたとき、お子さんに読んであげていた絵本を通じて、ご自身も救われた気持ちになったそうです。自分と同じように悩む「お母さんを支援したい」という思いではじまり、30年以上続くお店は、きょうも近所の大人と子どもたちでにぎやかなようです。

Q お店のご紹介をお願いします。

福岡市のベッドタウンである春日市で、1989年3月にエルマーをオープンしました。絵本を通して子ども達が豊かに育ってほしいと願い、地域に根ざした書店創りをしています。気づいたら30年迎えます。

経営的には決して楽ではありませんが、人の出入りは多いです。この店は何屋さん? 本屋さんだよねって思う事が多々あります(笑)

とにかく子ども達が来てくれます。エルマーで宿題したり、ボランティアスタッフとして活躍してくれたり、それに子育て真最中のお母さん達の溜まり場になり、子育ての悩みやよろこびを私達と共有してます。それが30年迎えた今、しっかりと地域に根ざした結果だと自負しています。同じ場所で、手を加える事もなく、多くの人達に支えてもらいながら成り立っている店です。

Q お店をはじめたいきさつを教えて下さい。

若く結婚し、お母さんになった時、子育てに悩み頼りにしたのが子育書でした。子育書通りに育たなく、ノイローゼになり、この子のために頑張らねばと自分に言い聞かせながらの毎日でした。ある日読んだ本の文章の中に「子どもに本を読んであげる事は学力が上がる」と記してあり、それを見た私は毎晩毎晩なにがあろうとも子どもに読み聞かせを始めました。その事で逆に子どもより私の心が軽くなり、気持ちが楽になり、絵本で救われた私です。

子育てに悩んだ経験がある私だからこそ、子育て真最中のお母さん方の大変さが、手に取る様にわかり、何か支援したいと気持ちがわき、絵本で救われた私が出来るのは絵本の店しかないと強く思い、絵本の専門店を始めました。

Q 定期的に行っているイベントはありますか。

店をオープンすると同時に色々計画しましたが、時代の変化によって内容を考える事が多いです。

○語りの連続講座を1990年に開催し、2年間の受講が終了すると同時にエルマー語りの会を立ちあげ、保育所、学校等に定期的に読み聞かせ、語りを子どもたちに届けてます。それと同時に大人のための「おはなし会」を年2回開催、毎月定例会を開き学び合ってます。

○エルマーの2階では 
月1回 
・読み聞かせ会
・わらべうた ふれあいあそび
・児童書を読む会
・絵本を楽しむ会 

2ヶ月に1回
・紙芝居交流の部屋 (紙芝居文化の会(私も含め)のメンバーが演じあい交流を深める)

その他不定期ですが、バルンアートの会等、色々に計画し皆さんと一緒に楽しみながら催してます。

店内には「エルマーとりゅう」の人形も。奥に見えるのは大分県出身のザ・キャビンカンパニーさんの時計ですね!

Q 偕成社の本でいちばん好きな絵本と読み物(または思い出の本、注目の本など)を教えてください。

エルマーで揃えてる本は、ロングセラーを中心に、新刊は一度目を通して、気にいった本は再注文し平積にしたりしてます。

多くの在庫のなかで絶対きらす事がない絵本があります。その中に占める割り合いが高い偕成社の絵本、読み物が多く入ってます。『はじめましてカジパンちゃん』『タンタンのハンカチ』『まいごになったぞう』等は幼児の出会いの絵本としては最高でしょう。偕成社のロングセラーの絵本の多くはエルマーとしても安心して皆様におすすめできます。読み物のなかでも、岡田淳さん、富安陽子さんの本はしっかり店頭に並んでます。

私が好きな本 『ちいさいロッタちゃん』『ペニーの日記読んじゃだめ』『ぞうのホートンたまごをかえす』『ちいさなヒッポ』等限りなくあります。新刊のなかでは、よく売れてる『さよならともだち』。私が気に入ってすすめてる『だんまりうさぎとおしゃべりうさぎ』。多くの本の中で存在感がある本です。

店主の前園敦子さん

Q 本選びのポイントや、はじめての本選びに困っている読者へ向けてメッセージをお願いします。

エルマーのお客様の80%位の方に本選びのお手伝いをさせて頂いてます。キャラクターもの、音の出る絵本は置いてませんので皆さま安心して選んでもらえてる事です。 

本選びの時必ず大事にしていることは、年齢にあった絵本を大事にし、今どんな本をもってるか、何に興味をもってるかたずね選んでます。一回読んで何も反応がないとか、楽しんでないかと言われる方が多いです。一回読んで反応がなくっても2回3回って読んでみて、必ず子どもに変化が出てくるからねって返してます。本選びにまよったら30年以上よみつがれてる絵本を選んでね。その中で基準は読み手の両親の好きな本にしてね。親が楽しむことで子どもに伝わるから。

最近気になる事で一番は、何もわからない子どもに選ばそうとする親が多いです。子どもは選べないですよ。その時は私達が優しい口調でお母さまに、まだ選べないから貴女の好きな絵本が良いよって声をかける事が多いです。先ずは楽しむ事が大事ですよ。

Q 近所にあるおすすめのお店やスポットを教えてください。

福岡の中心天神から西鉄大牟田線にのって10分位の春日原駅から下車1分のところにエルマーが。また15分位先に大宰府天満宮(学問の神様)があり、その周辺に国立博物館があります。天満宮とセットで行かれる方が多いです。福岡はとくに美味しい物がいっぱい。ラーメン、うどん等も有名。エルマーの近くに安く食べられおいしい店がいっぱいありますので案内致しますよ。

ありがとうございました!


子どもの本専門店 エルマー

創業 1989年3月
住所 816-0801 福岡県春日市春日原東町3-16-5
TEL 092-582-8639
定休日 第2火曜日
営業時間 10:00~19:00
アクセス JR鹿児島本線春日駅から徒歩6分 西鉄春日原駅1分
ホームページ  
SNSアカウント Facebook
ブッククラブ※ ◯(毎月の本は御子様にあわせて選んでおくります)
おむつ替えスペース
授乳スペース
ベビーカーでの入店
駐車場 2台

※本の定期購読サービス

この記事に出てきた本

バックナンバー

今日の1さつ

奇想天外! それでもやってみるというのが五味さんらしい。うれしくなってくる絵本、ファイトがでてくる絵本。(64歳)

pickup

new!新しい記事を読む