icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

北の森の診療所だより

第17回

11月 保護色は、自然が与えたプレゼント?

 11月。小春の日が続いたと思っていたら雪。そして木枯らしが吹き、ある日ぽかーんと、また春が顔をだす。そのたびに大地は残った緑の気配を微風に流し、一面を真っ白に化粧、そしてまた枯れ野の風情を押しつける。下着を一枚増やし、次の朝は減らしたりと、私は変化に追いつけないでいる。忙しい。


 裏山の小道を歩いていたら、倒木の陰でユキウサギの姿を見つけた。あたりは枯れ野。本人は隠れているつもりらしいが、体は「私はここにいます」と主張している。落ち葉に染まった大地の中に真っ白になった体表が困っていた。換毛が早すぎたのではない。根雪になるのが遅すぎたというべきであろう。本来この動物にとって、体毛の晩秋の白化は保護色となり、自然が与えたプレゼントだと考えられているが、これでは逆である。枯れ野に白色では様にならない。かわいそうだ。


 何年か前、倒木の上でイイズナイタチと遊んだことがある。その年も根雪になるのが遅く、待てません、とばかりにさっさと冬の衣装に衣替えしたこの小さな生きものが、私に見つかってしまった。いくら小さくても目立ってしまったのである。


 自然はそこに住む生きものにとってやさしい、という人がいるが、そうとは限らないと、私はそのときもつぶやいていた。でも私は楽しんだのだから、やはりやさしいといっていいのかもしれない。


 下旬、今秋もオコジョがやってきて2日間遊んでいった。一面の雪の中で遊ぶオコジョの尾の先の黒が、楽しい気持ちを充分に表現していた。ピアノ線の先につけた黒いリボンにも似て、ピコピコ、ヒョーン、ピコピコヒョーンと舞っていた。あたりにとけ込んだ保護色の体を代表して,黒いシッポが物語をいつまでも続けていた。

バックナンバー

profile

  • 竹田津 実

    竹田津 実

    1937年大分県生まれ。岐阜大学農学部獣医学科卒業。北海道東部の小清水町農業共済組合・家畜診療所に勤務、1972年より傷ついた野生動物の保護・治療・リハビリ作業を始める。1991年退職。1966年以来、キタキツネの生態調査を続け、多数の関連著作がある。2004年より上川郡東川町在住。獣医として、野生動物と関わり続けている。

今日の1さつ

乗り物+ストーリーの本を探していたらこの本に出会いました。ストーリーも絵もリアルで、孫も食いついて見て聴いて、リアクションも大いにある本です。(2歳・ご家族より)

pickup

new!新しい記事を読む