icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

絵本作家の「こどもとあそぶ」

第8回

あそびは自分が楽しくなくちゃ!〈スギヤマカナヨ〉

子どもの本の作家の方に「こどもとのあそび」を教えてもらう連載。第8回は、『ほんちゃん』『ぼくだけのこと』などを描かれ、「おもしろい!楽しい!うれしい!手紙」シリーズを刊行したばかりのスギヤマカナヨさんです。スギヤマさん流のあそび方は、「自分が楽しいことに子どもを巻きこむ」! 親子での遊びの思い出をたくさんおしえてくれました!

 普段、私は子どもたちが学校に行っている間に仕事をしています。でも子どもたちが幼稚園に上がる前は、仕事は子どもが寝たあと。昼間は子どもの世話をしつつ最低限の家事をこなし、どう楽しく過ごすかが日々の課題。何しろ四六時中一緒なわけです。私としては「子どもの遊びに付きあう」というよりは、自分が楽しいと思えることにいかにして「子どもを巻きこむ」かということに知恵をしぼっていました。

 天気が良ければ、朝はゴミ収集車めぐりをし、収集するおじさんたちに手をふります(おじさんたち、みんないい方で必ず手をふってくれました!)。それから、公園を探検。道なき道を「秘密の場所」と銘打ってひたすら歩きます。トチの実がいっぱい拾える穴場も、子どもと一緒に見つけた秘密の場所です。息子は今もその公園に行くと「秘密の場所へ行こう!」と言います。

 買い物への道すがらは忍者走りをしながら、電柱にかくれたり(子どもが一緒だと怪しまれない)、「今日はぼうしをかぶっている人を宇宙人ってことにしよう」と決め、遠くに見つけると胸のシャツのボタンを押し、「捕獲完了」と勝手に捕獲していました。

 そんな風に外ではいくらでも遊べますが、家の中での遊びは、いかに楽しく継続できるかが勝負。我が家のおすすめはガラスに描いて消せる「キットパス」。

「キットパス」を使って、窓におえかき。ガラスなどに描いて水で消せるのがいいところ

のびのび落書きできて、子どもは室内、私は外からお絵描きセッションも楽しめます。消すのも楽しく、窓もピカピカ。


 ダンボールの家づくりもかなり長い間遊べて、大人のやる気と本気も全開になります。娘のときは白いダンボールを買って絵を描き、カーテンを縫って窓につけ、ドアに呼鈴をつけたり、ふかふかのカーペットを敷いたりしました。息子のときは冷蔵庫を買いかえたので、すばらしいダンボールが手に入り、夫と子どもと夢中になって作りました。

ダンボールで暮らす息子

寝るときもダンボールのなかで

娘の家より見劣りはするものの、快適さはかなりのもの。息子はしばらくそこで暮らし、挙げ句の果てには夫も「落ち着く~」とそこで寝ていました。

息子のダンボールハウスで寝る夫(身長187センチ)

 そんな子どもたちも、今や娘は高校2年生で、息子が小学4年生。息子はすっかり野球少年で、ちょっと相手をしてやるかとバッティングピッチャーを買ってでれば、20球がせいぜい。母さんにはもうあの頃のような体力はありません……

 今も寝る前には息子に本を読んでいますが、やっぱり自分の読みたいものしか読まない母なのでした。


スギヤマカナヨ
静岡県三島市生まれ。東京学芸大学初等科美術卒業後、ステーショナリーの会社へデザイナーとして就職。1990年よりフリーランスとなり、アート・ステューデント・リーグ・オブ・ニューヨーク(The Art Students League of New York)でエッチングを学ぶ。『ペンギンの本』で講談社出版文化賞受賞。主な作品に『K・スギャーマ博士の動物図鑑』『てがみはすてきなおくりもの』『ぼくのおべんとう』『わたしのおべんとう』『みーせーて』『あかちゃんは おかあさんと こうして おはなししています』『ほんちゃん』他多数。

バックナンバー

今日の1さつ

おかしがたくさん、おいしそうに描かれており娘は楽しそうに読んでおりました。親の私は、前作では小さな子どもだった4羽の子がらす達が大人になり、独立していく姿に感動して涙が出ました。(2歳・お母さまより)

pickup

new!新しい記事を読む