icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

絵本作家の「こどもとあそぶ」

第12回

ビーチコーミングでツルピカ・タカラガイをゲットして カッコイイ標本を作ろう ! 〈三輪一雄〉

子どもの本の作家の方に「こどもとのあそび」を教えてもらう連載。第12回目は、『ガンバレ!! まけるな!! ナメクジくん』など、生き物たちを主人公にしたユニークな絵本を多く描いている三輪一雄さんです! ライフワークとしているビーチコーミングで、知識絵本『ぼくたちいそはまたんていだん』の著作もある三輪さんが、海に行けばすぐに挑戦できる、ビーチコーミングの魅力を教えてくれました。

 ビーチコーミングって聞いたことあるかな?
 ビーチコーミング(Beach combing)とは、海岸(beach)をクマデのような道具でかく(combing)ということ。つまり、海岸などに打ち上げられた漂着物を収集したり観察することです。「漂着物さがし」もしくは「海からの贈りものさがし」ということですね。
 ビーチコーミングでは、貝ガラやウニのカラ、サメの歯など、海洋生物の遺物の収集や、潮流によってやってくる植物のタネ(種)の収集、あるいは陶器のかけら、すりへったガラスなどのシーグラスの収集など、集める対象はさまざまです。ビーチコマーたち(漂着物探しをする人たち)はそれぞれ好みのものを探しています。
 今回は貝、とくに「タカラガイ探し」を紹介したいと思います。
 
 タカラガイは知ってますか? 海にいくと、おみやげ屋さんなどで売られている、こんもりとしたツルピカの貝殻です。タカラガイは巻貝の仲間で日本には約90種類のタカラガイがいて、多くは磯に生息しています。

 磯にやって来ました。

 潮だまりにはアメフラシやヤツデヒトデがいます。


 おっ、さっそく浜辺に打ち上がったタカラガイを発見。


 これは「ホシキヌタ」というタカラガイです。でもカラがツルピカではないですね。海底の砂利浜を転がりつづけて、こすれてこんなふうになってしまったのでしょう。

 ツルピカのタカラガイを見つけるには、大潮の干潮時がねらい目です。大きく潮が引いた磯で、岩場のすき間や下あたりなど、あまり波や潮流の影響を受けない場所をさがすと、見つかります。潮だまりも潮流を受けないのでいいと思います。
 ほら、岩の下に、ツルピカのホシキヌタがありました。
 運がよければ生きたタカラガイにめぐり会うこともあります。
(右上が生ホシキヌタ、右下が生キイロダカラ)


 数時間の採集でたくさんのタカラガイが見つかりました。
(ホシキヌタ、ヤクシマダカラ、キイロダカラ、ハナビラダカラなど)


 採集したタカラガイは家に持ち帰って、水道水に3時間ほどつけて塩抜きをします。時間がたったら水から出して新聞紙やキッチンペーパーをしいたトレイにのせ、陰干しで乾燥させます。
 貝ガラが十分乾燥したら標本カードを作ります。本やネットで種名を調べて採集日と産地、殻の大きさなどを記入し、100円ショップで売られているケースに貝ガラといっしょに入れます。


 どうです? 研究者の標本みたいでしょ。


 タカラガイ以外の貝ガラでも同じです。浜辺にはたくさんの貝ガラが打ち上がっています。こんな巻き貝も! 左がネジガイ、右はオダマキです。さがすと小さな貝やウニのカラがたくさん集まります。これらも水道水に数時間つけて塩抜きをし、陰干しで乾燥させます。ただこのような小さな貝ガラひとつひとつに標本カードを作るのは大変なので、まとめて保管しておきましょう。


 あ、砂浜でタツノオトシゴの死がいを見つけました。この場合も水道水に数時間ひたして塩抜きをし、陰干しで乾燥させます。ただし魚は貝ガラと違ってカビが生えるおそれがあるので、よ〜くよ〜く乾燥させてから標本ケースに入れて下さい。


 こういう標本をいくつか作れば夏休みの自由研究はバッチリ。「標本作り」というとすぐに昆虫の標本を思いますが、虫を殺すのがいやな子や虫が苦手な子にとっては、貝ガラなどの海の生きものの標本は、うってつけだと思います。


三輪一雄

1959年大阪生まれ。東京造形大学絵画科卒業。著書に『アンモナイトは“神の石”』、『ガンバレ!! まけるな!! ナメクジくん』『イボイボガエル ヒキガエル』『のんびりオウムガイとせっかちアンモナイト』『ぐるぐるうずまき』『ぼくたちいそはまたんていだん』、『石の中のうずまきアンモナイト』『カタツムリにげた』、『なっとうくん西へいく』などがある。ライフワークは化石採集、ビーチコーミング、抜け殻集め。

この記事に出てきた本

バックナンバー

今日の1さつ

表紙の絵やとちゅうの絵がかわいいのでレンちゃんや高田さんの気分になれて本の中の世界にすいこまれるのでドキドキハラハラしておもしろかったです。(9歳)

pickup

new!新しい記事を読む