icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

絵本作家の「こどもとあそぶ」

第7回

こんなの、できた!という喜び〈かとうまふみ〉

子どもの本の作家の方に「こどもとのあそび」を教えてもらう連載。第7回は、『ぎょうざのひ』『えんぴつのおすもう』などの絵本を出されているかとうまふみさんです。絵の得意不得意に関係なく、みんなでいっしょに盛り上がれる遊びを紹介してくださいました!

 この遊びを思いついたのは、私が大学生の頃。絵が苦手な男子中学生の美術の家庭教師をしたときのことです。(苦手なものはしようがないよねぇ)とかわいそうに思いつつ、少しでも美術の時間が楽しくなるように、あの手この手で、いろいろ描いたり作ったりしました。

 その中でヒットだったのが、この「じゅんばんお絵描き」。長い紙を4つ折りにして、顔→上半身→下半身→足と、体のパーツを交互に描いていくだけ。そのときに、前の人が描いた部分が見えないように折って、次の人に回します。うまくつながるように、つなぎめは次の面に少しだけはみ出して描きます。全部描いてから広げると……!! おたがいの絵が1つになり、思いがけなく面白い絵ができあがりました。男の子も私も大笑いして、2人で何枚も描きました。

家庭教師をしていた中学生の子と2人で描いた絵

 その後、絵本を描くようになって、ワークショップをしませんか? とお誘いいただいたときに、このことを思い出しました。2人でも面白かったけど、人数が多いともっと面白そう。紙を大きくして、いろんな画材を使ってみよう。ワークショップでは案の定、面白い絵がたくさんできました!

「じゅんばんお絵描き」ワークショップのようす

 小さい子が多い場合は、このやり方は少し難しい感じです……。それで息子といっしょに親戚の子が集まったときに、新しい実験をしてみました。大きな紙に、みんなで順番にゾウのパーツを描くのです。顔→鼻→耳→体→足という順番で、1人ずつ輪郭だけ描きます。その上から、自由に色や模様や背景を描いていくと……! なんとまあ、すてきなゾウさんができあがりました! 

息子や親戚、みんなで描いたゾウさん

ゾウより鳥のほうが自由に描けそうだと思い、小さい子の多いワークショップでは「鳥」をテーマにしました。

「鳥」をテーマにして、みんなで描いたワークショップの作品

 この描き方の楽しみは、1人では想像もつかない絵ができるということ。時々「ここにそんなの描かないで!」なんて言ったり言われたり……という場面もありますが、それもまたよし。自分が思ってもみないものが1枚の絵に共存するのが、面白いんです。なにしろ、完成した絵はどれも本当にステキ!! 家族やお友だちどうしで描いても、きっと盛り上がりますよ。

絵本作家の友人たちといっしょに遊んだ「じゅんばんお絵描き」


かとうまふみ
1971年福井県生まれ。あとさき塾で創った『ぎょうざのひ』が初めての絵本。主な作品に『えんぴつのおすもう』『ぜったいわけてあげないからね』『しゃもじいさん』『かたつむりくん』『おにぎりのひみつ』『おもちのかみさま』などがある。挿絵に『どろろんびょういん』シリーズ(作 苅田澄子)など。北海道在住。

バックナンバー

今日の1さつ

表紙の絵やとちゅうの絵がかわいいのでレンちゃんや高田さんの気分になれて本の中の世界にすいこまれるのでドキドキハラハラしておもしろかったです。(9歳)

pickup

new!新しい記事を読む